【Scratch】簡単!「幽霊効果」で透明度を変える方法。

スクリプト演奏

どうもー!マミィです!

フリーランスプログラマーをしながら、「スクラッチプログラミング」・「マインクラフト」の真似したいと思う、役に立つ情報を中心に発信しています!

スクラッチでキャラクターがだんだん消えていくやり方はどうやって作ればいいの?

マミィ
マミィ

「幽霊」効果をつかって、だんだん消えていく動きを作れます!

「幽霊」効果とは、透明度を変更できるものです。

この記事の内容です。

  1. スクラッチの「幽霊」効果とは?
  2. 簡単!幽霊効果の使い方

この記事を読むと、透明度を変えることができる「幽霊効果」の使い方がわかります!

今回Scratchで作ったものは↓になります。

スクラッチサイト→【イカゲーム】だるまさんがころんだ

スポンサーリンク

スクラッチの「幽霊」効果とは?

「幽霊」とは透明化ができる効果です。

【幽霊の効果が0の場合】:まったく透明になっていない状態。不透明

【幽霊効果が100の場合】:完全に透明です。見えなくなります。

簡単!幽霊効果の使い方

幽霊効果は、透明度を変えられるものです。

見た目のブロックにある、「幽霊」を選びます。これを使います。

幽霊効果

①不透明から透明にする

不透明→透明にする場合は、効果の数字を増やしていきます。

↓実行すると、キャラクターがゆっくり透明になってきます。

幽霊効果のコード
  1. キャラクターの透明度をなくすために、「幽霊」の効果を0にします。(不透明にする)
  2. 繰り返しを使って、幽霊効果の数字を増やします。(0→10→20→30→・・・100)
繰り返しブロック
  • 「幽霊効果を10ずつ変える」
  • 「0.1秒待つ」

「幽霊効果を10ずつ変える」→幽霊効果を0の状態から10→20→30のように、効果の数字をあげていきます。

「0.1秒待つ」→ゆっくり透明度をあげるために間に動きを止めています。

「待つ」コードがないと、すぐに透明になってしまいます。

この待ち時間の「0.1」を「0.3」にすると、もっとゆっくり透明になります。

「待つ」コードがないと、すぐに透明になってしまいます。

この待ち時間の「0.1」を「0.3」にすると、もっとゆっくり透明になります。

②透明から不透明にする

透明→不透明にする場合は、逆に効果の数字を減らしていきます。

効果をはじめに「100」にしておき、「-10」ずつ変えるようにすると、透明状態からだんだん表示されるようになってきます。

透明から不透明へ

幽霊効果を100→0になるようにしている

なめらかに透明度を変えたい場合

100回繰り返すにして、効果を1ずつ変えるとすると透明になる感じがなめらかになります。

この場合は、0.1秒待つというコードは不要です。

100回繰り返した場合
100回繰り返した場合

【幽霊効果】まとめ

スクラッチの「幽霊効果」の使い方の解説をしてきました!

  • 幽霊効果は透明度を変える効果のこと
  • 100が透明、0が不透明。50は半透明。

これだけ覚えておけばOKです!

「幽霊」効果はスクラッチでゲームやストーリーを作りたいと思った時に、

  • ゲームで敵に当たった時にだんだん消えさせたい
  • タイトル文字をゆっくり表示させてかっこよく見せたい

などよく使います。

簡単にできるので、是非使ってみてくださいね〜!

マミィ
マミィ

楽しくプログラミングをしましょうー!

プログラミングができる環境は整っていますか?

2025年の大学共通入試より、プログラミングが教科に追加されます。

時間のある今のうちに、楽しく・正しくプログラミングスキルを身に付けることは大切なことです。

子供にプログラミングをさせたいけど、親もできなくて教えられない!

どうしたらいいの??

  • パソコン操作が苦手(不慣れ)
  • 子供が使えるパソコンが家にない
  • 親がプログラミングの知識がなくて教えてあげられない

そんな悩みを解決してくれるプログラミングスクールをまとめました!

現役プログラマーが教える!3パターンから選ぶ子供のプログラミング教室!

そして、現場にいる立場から言わせてもらうと「システムを作る人」ではなくても、プログラミングの基礎を知っているかどうかで仕事にかなりの差がつきます。

無料体験などを利用して、プログラミングが向いているのかをお試ししましょう。

マミィ
マミィ

子供がプログラミングに興味があるのに、教えてあげられる人がいない!という子はほんとにもったいない!!と思います。

普通のプログラミングを自ら学ぶ「楽しい!」と思えるきっかけ作りをしてあげたいですね。

タイトルとURLをコピーしました